スーツや作業着など、男性の職場でのファッションは女性と比べて自由度がかなり低いです。

スーツの色やフォルム、ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、腕時計、バッグなど男性は基本的にはみんな同じようなファッションスタイルで日々の仕事を行うことが基本となっています。

しかし、みんな同じファッションだからこそ、周りの人とは違ったおしゃれアピールができるのです。

まず第一にカラーバランスをしっかりと考えるようにしましょう。
なんとなく選んだスーツに、なんとなく選んだワイシャツ&ネクタイでは、「おしゃれ」と見られることはありません。

プライベートのときと同様に、そのスーツとワイシャツ、ネクタイを選ぶ理由を明確にするのです。

スーツとワイシャツ、ネクタイのカラーバランスやフォルムのバランスを気にして身につけている方はほとんどいないと思います。

高いブランド物が1点あれば、コーディネートが決まると思っている方もいるでしょう。
しかし、そうではないのです。

スーツにも上手な組合せがあります。
細めの物や身体のラインが出るもの、ダボッとしたものと私服のように豊富な種類が販売されるようになっています。

また、ネクタイも通常の物とは別に細めのネクタイや柄、カラー、素材と様々な種類があります。

その中で上手な組合せを考えて、同じファッションをしないように心がけて選ぶことで周囲よりよりおしゃれに気を使っている男として認知されるようになるのです。

また、バッグについても男性は特に「使いやすいから」と同じものを使う傾向にあります。

女性がバッグを数種類持っているのは、持つバッグによって相手に与える印象が変わることを知っているからです。

これを男性もビジネスシーンに生かさない手はありません。
スーツも違い、ワイシャツとネクタイの組合せもかぶりが少なく、バッグも色々なものを遣っている。

これだけで、「この人、おしゃれに気を使ってる人なんだな」と相手に印象を与えることができるのです。

もちろん、中身を移動させる手間はかかるので、忘れ物がないように注意はしなければなりませんが…。

さらに夏であればクールビス。カフスボタンの登場になります。
寒い寒い冬になれば、コートが登場します。

このように季節に合わせて身につけるものがビジネスシーンでも変化をしていくため、「仕事だからいつも通り」ではなく、仕事だからこそ気合いを入れるためにおしゃれに努めましょう。

毎日同じ作業をしていてマンネリしてくるのと同じで、毎回同じようなビジネスファッションをしていてはマンネリしてしまいます。

しかし、気分を変える意味でもビジネスファッションに気を使うことでリフレッシュできたり、頑張ろうと思えたりするものなのです。

男性にとって仕事はとても大切なものです。
大切なものだからこそ、よりリフレッシュできる環境を作り、気分を変えて仕事に取り組めるようにおしゃれに気を使うべきなのです。

もちろん、基本的な靴の汚れをきれいにすること、腕時計をつけること、スーツに誇りやフケが乗っていないかチェックすることは大前提です。

結果を残したり、デキるサラリーマンの方はスーツの着こなしもとてもかっこいいものです。

新しいもののときだけ気分を一新するのではなく、「明日何を着て仕事に行こうか」を考える状況を作り出すこと。

恋人とデートをしたり、大切な人とでかけるときに「何を着ようかな」と選ぶように、日々の仕事の中でも忙しい中ではありますが、ファッションを楽しむ努力をしていきましょう。

この連続が、仕事に対するモチベーションの維持につながり、周囲から「デキる男」としての認知を生み、自分自身が前向きに仕事に取り組むことができることにつながり、仕事で成果が出る理由の1つとなりうるのです。